酵素飲料と断食でダイエット

酵素飲料を用いてダイエットする方法として、よく行われるのは、一日3食のうち一つか二つを酵素飲料に置きかえることです。

 

最初は1食で酵素飲料だけを摂り、次に2食でと次第に身体を慣らしていけば、次第に身体の余分な脂肪がとれ、無理なくダイエットできるというわけです。

 

もちろん、この方法は無理が少ないですし、スピードはともかく効果は確かですから悪い方法ではありませんが、もしこの方法に不満があるとすれば、なかなかダイエット結果が目に見えてあらわれないということでした。

 

そこで、もっと早くダイエット結果があらわれる方法として、酵素飲料以外は一切口にしないプチ断食法があります。

 

ただし、この方法では従来の3食間隔ではなく、2時間おきぐらいの間隔でコップ4分の1程度の酵素飲料を飲みます。

 

もし、空腹に耐えられないようなら、具のないスープのようなものを少しだけ飲み、なんとか我慢していかなければ断食効果がしっかり得られません。このことは肝に銘じてください。

 

この断食は3日ほど続けます。そして翌日朝から、おかゆやスープなど消化によいものを少しずつ食べ、次第にふだんの1、2食酵素飲料に置きかえるふだんのダイエット食に戻します。

 

いきなり固いものを大量に食べると、胃腸がびっくりして事故になりますのでそれだけは注意してください。

 

こういった断食サイクルを3ヶ月に一度実行してください。このような徹底した断食を行うことによって、自然にデトックスといわれる身体の奥にたまった老廃物と有害物質の排出が起こり、太りにくく、病気にかかりにく健康な身体になれるのです。