食事でできる!酵素ダイエット


今話題の「酵素ダイエット」。

 

健康やダイエットに多少なりとも関心のある方なら、きっと名前くらいはご存知だと思います。

 

簡単にいうと、この酵素ダイエットというのは、酵素をたくさん含む食事をとることで、ダイエットが出来るというものなのです。

 

酵素をたくさん含む食品には、「発酵食品」と分類される納豆や味噌、お漬物のほかにも、新鮮な生野菜や果物をはじめとして、刺身などの生魚にも含まれています。

 

こうした食品を意識して摂取することでダイエットが可能になるというのです。

 

ひとくくりに「酵素」と呼んでいますが、実は食品に含まれる酵素は種類別に分類されています。その中の一つが、皆さんが一番よく耳にすると思われる「消化酵素」と呼ばれるものになりますが、この「消化酵素」も更に3つに分類されます。

 

一つ目がパイナップルやキーウイフルーツ、パパイヤ等に含まれる「タンパク質分解酵素」です。

 

これはその名の通りタンパク質を消化・分解する働きをもっていますから、高タンパク質の代表である肉料理と合わせて摂取するのが、ダイエットの観点からいくと大変おすすめです。

 

酢豚にパイナップルを入れるというのは、大変理想的な組み合わせといえるわけです。

 

二つ目は、キャベツ、大根それからバナナ等に含まれる「炭水化物分解酵素」です。

 

これは炭水化物であるお米やパン、パスタ等と一緒に食べることで、消化が進むことになります。

 

三つ目が、ダイエットの肝ともいえる脂肪分解の働きをもつとされる「脂肪分解酵素」です。

 

これを多量に含んでいるのが味噌・納豆、それから漬物といった「発酵食品」と呼ばれる食品群なのです。

 

酵素ダイエットは、三つの消化酵素のうちでも特にこの脂肪分解酵素に着目し、発酵食品を積極的に取り入れるダイエットというわけです。

 

ただし、注意しなければいけないのは、酵素を食事からとる場合、酵素だけ摂取しても意味がないということです。

 

その理由は、「補酵素」と呼ばれる、酵素の働きを助ける栄養素が酵素と共に必要とされるからなのです。

 

この「補酵素」とは何かというと、ビタミンやミネラルにあたり、これを含む食品は納豆やブリが代表的です。

 

納豆は一つの食品に酵素も補酵素の両方が含まれていることになりますね。

 

こうした栄養素を合わせて摂取することが、ダイエットには大切だということがお分かりかと思います。

 

 

 

酵素サプリメントもこの点に着目し、補酵素を合わせて含有しているものが殆どですので、うまく活用していかれるとよいでしょう。

 

ただし、酵素は加工食品よりも新鮮な自然食品から取り入れることをお勧めします。

 

というのも、酵素は食べ方一つでその吸収率に差が表れるものだからです。

 

酵素ダイエットに興味をもたれたら、是非、この食べ方について調べ、工夫なさるとよいでしょう。よりよい効果を上げることが出来るはずです。